なんちゃっておじさんのはてなブログ

山やガーディニングなど趣味の世界や社会の出来事などその他色々。

ユングフラウ三山

  

 ユングフラウ三山                    平成29年7月9日(日)

f:id:nantyatteojisan:20170720221237j:plain

ユングフラウ鉄道クライネシャイデック( kleine Scheidegg  2,061 m )駅付近から、アイガー(左)、メンヒ(中央)、ユングフラウ(右)を望む。

メンヒとユングフラウの鞍部(ヨッホ:joch)にあるのがユングフラウヨッホ駅( 3,454 m )とスフインクス展望台 ( 3,571 m ) 。アイガーとメンヒの山中の岩盤を掘り鉄道を通している。鉄道電車の乗り心地は快適で、日本の地下鉄より滑らかに感じました。

  ユングフラウ三山とは、アイガー( Eiger「男」 3,970 m )、メンヒ( Monch「修道士」 4,107 m )、ユングフラウ( Jungfrau 「アルプスの乙女」 4,158  m )の三峰をいう。 男が乙女にちょっかいを出さないよう、修道士が間に入り見張っているとのこと。

 

スフインクス展望台

f:id:nantyatteojisan:20170720222918j:plain

 スフインクス展望台へは、ユングフラウ駅から高速エレベーターで一気に上る。

20代のころ富士山登頂を2度経験したので、高山病の心配はしておらず自信を持って臨みましたが、頭がボーとしてきて足元もおぼつかなくなってしまいました。(こんな筈ではなかった。)ちなみに、妻は全く平気でそこら中元気に歩き回っていました。

 

アレッチ 氷河

f:id:nantyatteojisan:20170720225414j:plain

 ヨーロッパ最長の氷河で、23.6kmあります。水色がかって見えました。

 

アイガー(左)とメンヒ(右)

 

f:id:nantyatteojisan:20170722192357j:plain

 

ユングフラウ

f:id:nantyatteojisan:20170722192448j:plain

 

 インターラーケン( Interlaken = 湖の間 )から見上げるユングフラウ

f:id:nantyatteojisan:20170722191056j:plain