なんちゃっておじさんのはてなブログ

山やガーディニングなど趣味の世界や社会の出来事などその他色々。

絵かき歌

まんじゅうやのてるこさん                令和元年8月4日(日)

 

 

f:id:nantyatteojisan:20190808151629p:plain

饅頭屋のてるこさん、雨の降る日の8時ころ、平気で平気で、のんきでのんきで宿題出されて零点だ。

6月6日は参観日、スカートはいて小学校、タテタテ、ヨコヨコ、マル書いてチョン、タテタテ、ヨコヨコ、マル書いてチョン。 オシマイ。

 

つるはまるまるむし

 f:id:nantyatteojisan:20190808152537p:plain

さんかくしかく

三角四角、四角は豆腐、豆腐は白い、白いは兎、兎ははねる、はねるはのみ、のみは赤い、赤いはほうずき、ほうずきは鳴る、鳴るはおなら、おならは臭い、臭いは便所、便所は深い、深いは海、海は青い、青いはお空、お空は高い、高いは二階、二階はゆれる、ゆれるは地震地震はこわい、こわいはおばけ、おばけは消える、消えるは電気、電気は光る、光るは親父のはげ頭。 オシマイ。

武田信玄・吉村貫一郎・雲霧仁左衛門・サラメシ・中井貴一

中井貴一の新境地                   令和元年7月31日(水)

 

武田信玄・・・・1988年1月~放送(NHK)

吉村貫一郎・・・2003年1月~映画壬生義士伝公開

雲霧仁左衛門・・2013年10月~放送(NHK)

サラメシ・・・・2011年5月~放送(NHK)

中井貴一・・・・佐田啓二(1926~1964)の長男。佐田啓二は韮崎で交通事故死。

 

中井貴一を初めて知ったのは、NHKの大河ドラマ武田信玄」を見たときと思います。その後、映画「壬生義士伝」をテレビで見て、南部生まれの吉村貫一郎の一途な姿に涙しました。私は、昼飯を外で食べるときは、折角なので、できればおいしい手打ち蕎麦を食べたいと思い、やっている店を探しては食べたものです。そんな中、「サラメシ」というテレビ番組から、やけに明るくカラッとした声が聞こえ、誰なんだろうと思っていたら、なんと信玄や貫一郎、仁左衛門をやった中井貴一だということではありませんか。イヤー驚きましたが実にいいですね。新境地を開いたという感じがします。親父の佐田啓二も喜んでいると思います。私の田舎は小さな町でしたが、映画館がひとつあり、「君の名は」という看板が電信柱ごとに掲げられていたことを想い出します。映画館の前には、作品ごとに手描きの大きなポスターが飾られていました。そういえば、ペンキだらけになって描いていた髪の長いお兄さんがいたことも想い出しました。

富山(とみさん)日帰り登山

岩井駅近くから眺める富山(349.5m)        平成31年1月18日(金)

f:id:nantyatteojisan:20190119143306j:plain

内房線館山行き(各駅停車)で、岩井駅9時21分に到着。福満寺まで歩こうと思っていましたが、富山ウォーキングセンターの方から9時45分発の黄色いバスを勧められ、乗って行くことにしました。(福満寺入口まで200円)

 

富山ウォーキングセンターにて(岩井駅隣)

f:id:nantyatteojisan:20190119143728j:plain

 

福満寺仁王門(右隣にお手洗いあり。)

f:id:nantyatteojisan:20190119144403j:plain

お墓のある坂道から早速登山開始となります。

 

福満寺から望む富士山

f:id:nantyatteojisan:20190119145928j:plain

右手富士山の山頂に少し雲がかかって来ました。

 

竹岡漁港と富士山(内房線車窓から)

f:id:nantyatteojisan:20190119150451j:plain

 富山山頂からの眺めを期待して登りました。

 

七合目の水仙群生地

f:id:nantyatteojisan:20190119150813j:plain

 

南峰にある観音堂(左隣に展望台がある。)

f:id:nantyatteojisan:20190119151017j:plain

 

南峰展望台(342m)にある展望図

f:id:nantyatteojisan:20190119151915j:plain

 

 ぼたん杉(樹齢300年以上)

f:id:nantyatteojisan:20190119152317j:plain

通常よりも葉が丸いことから、ぼたん杉と呼ばれている。

f:id:nantyatteojisan:20190124133205j:plain

 

北峰下広場にある見取図

f:id:nantyatteojisan:20190119152608j:plain

この広場に簡易トイレが2個設置されています。

 

f:id:nantyatteojisan:20190119153913j:plain

 

伊予ケ岳(337m)

f:id:nantyatteojisan:20190119154006j:plain

富山山頂標識のあるところからすぐ見える山で、右端に岩があることから、伊予ケ岳に間違いないでしょう。次はこの山に登ろうと思います。

 

北峰展望台から岩井海岸を望む

f:id:nantyatteojisan:20190119155011j:plain

 富士山は残念ながら雲で見えませんでした。

 

北峰展望台から後方ギザギザの鋸山(329m)を望む

f:id:nantyatteojisan:20190119155110j:plain

  

望遠レンズで見る東京湾観音、風の塔、その後方に東京スカイツリー

f:id:nantyatteojisan:20190119153134j:plain

 東京スカイツリーは、肉眼でもうっすらと見えました。

昼食は、展望台広場にあるベンチで、JR千葉駅構内の駅弁屋で買った、ヒモを引くと発熱し、あったかく食べられる弁当をいただきました。

  

 伏姫籠穴

f:id:nantyatteojisan:20190119163030j:plain

 右隣にお手洗いがあります。

 

f:id:nantyatteojisan:20190119163129j:plain

 

f:id:nantyatteojisan:20190124133448j:plain

 

f:id:nantyatteojisan:20190124134237j:plain

 

籠穴そばに咲く梅の花

f:id:nantyatteojisan:20190119163223j:plain

籠穴は木々の生い茂った薄暗い場所にありますが、梅の木に木漏れ日が差し込み、三つほどの花が光輝いていました。

 

岩井駅近くの伏姫公園

f:id:nantyatteojisan:20190122164347j:plain

昼間に見ると、鉄条網で捕縛されているような感じでした。イルミネーションなのでしょうが、伏姫も八房も「困ったものだ」と言っているようです。夜に見てもきっと不気味でしょう。

 

伏姫籠穴までの下りはかなりの急勾配で膝に応えました。丸太の階段がきちんと作られていますが、これを登るとなると・・・お勧めは今回のように福満寺からの登りですね。この後、水仙遊歩道を歩くつもりでしたが、道が分からず岩井駅まで戻りました。駅には15時ごろ着きましたが、次の電車が16時50分までなかったため、タクシー(690円)で「道の駅富楽里とみやま」に行き、そこから高速バス(15:52発)で千葉駅まで帰りました。今回の山行は19,059歩でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

紙鉄砲

杉鉄砲と、作り方、遊び方はほとんど同じです。杉の実の代わりに紙をこめる。紙はチリ紙など柔らかいものを口の中に入れよく噛み、直径5~6mmほどに丸める。竹筒は直径1cmほどのものを使う。これはかなり威力があり、マッチ箱倒しなど射的遊びにも使えます。紙を口に入れるのが嫌なら、水につけて柔らかくしてもいいでしょう。

杉鉄砲

杉鉄砲と紙鉄砲

f:id:nantyatteojisan:20190120164533j:plain

 

① 上の長いものが竹ヒゴ。(スーパーの文房具売り場で購入)~  杉鉄砲用。

② 真ん中が青竹。節なしの筒と節あり部分。穴の大きさにより杉鉄砲か紙鉄砲用。 

     青竹は、南総里見八犬伝の舞台「富山:とみさん」で調達のもの。

③ 下の太いものはコンビニ弁当に添付の箸。(紙鉄砲用にちょうどよかった)

 

f:id:nantyatteojisan:20190120164710j:plain

 

1 材料  ① 直径6~7mmの竹を用意する。

       ② 節のない真っ直ぐな部分を11~12cm。(竹筒)

          ③ 節の ある部分を2cmほど。

       ④ 竹ヒゴ10cmほど。

       ⑤ 杉の実多数。

 

2 作り方 ① 節のある部分の竹に竹ヒゴを差し込み抜けないようにする。

                           ゆるい場合はすき間に木片を差し込む。 

       ② 口に杉の実を含めるだけ含む。

                    ③ 杉の実を口から1つ出し、竹筒に詰める。

         そこに2の①をゆっくり差し込んでから一度抜く。

       (竹筒の先端に杉の実がとどまる。) 

         更に杉の実を口からもう1つ出し、さきほどの竹筒にこめる。

         勢いよく2の①を差し込むと、パンと音を立て先端の杉の実が飛び出   

        す。

 

f:id:nantyatteojisan:20190120164747j:plain

 

今回は、杉の実が調達できないため紙鉄砲にしました。紙はティッシュペーパーを水で濡らし、穴の大きさに合わせ丸めました。口に入れ噛んで丸めるのが正式ルール。

 

f:id:nantyatteojisan:20190120164819j:plain

  

3 遊び方  敵味方に数人づつ分かれ、杉鉄砲で撃ち合う。撃たれた者は抜けてい 

       き、相手方がゼロ人になるまで戦う。

       杉の実が服に当たったのでは、当たった感覚がないため、肌の露出して

       いる手足や顔を目がけて撃つことがポイントとなる。(当たると少し痛

       いが我慢できる範囲である。)

       杉の実を口に入れるのが嫌なら、ポケットに入れておいてもいいでしょ  

       う。ただし、連射できないので戦いには向いていません。

 

 

 

 

              

 

釘刺し

① 土の地面に直径、深さとも6~7cmの穴を開けます。 ② 自分の持ち釘を1本その穴にまたがせて置きます。(置く釘は穴の直径以上の長さが必要。) ③ ジャンケンで順番を決めます。 ④ 自分の持っている親釘(だいたい15cm以上が良い。)の頭を親指と人差し指で持ち、穴に置いた釘に当てて穴の外に出したら、その釘が自分のものになるという遊びです。この時、自分の親釘が穴の底の地面に刺さっていることが必要です。 置いた釘がなくなるまで順番に親釘を刺して遊びます。

決まると、釘の当たるチーンという音が心地よく響きます。 

 

正月の遊び

① せんべい刺し

正月飾りに使う薄っぺらな煎餅を、糸のついた縫い針で刺し、糸を持ち釣り上がった分の煎餅が自分のものになるという遊びです。

タツに入って遊びます。自分の煎餅を、参加者1人1枚~2、3枚出し合い、コタツの上に重ねます。ジャンケンで順番を決め1人1回縫い針を持ち煎餅に刺します。煎餅がなくなったら、また参加者全員で出し合います。自分の煎餅がなくなったら参加できません。

煎餅は駄菓子屋さんで売ってました。

 

② ミカン刺し

せんべい刺しとルールは同じです。ミカンは1房単位で出し合います。刺す場所を見極めないと、なかなか釣れません。ミカンの腹に刺したのでは、果汁が出るばかりで針が抜けてしまいます。錆びた縫い針を使うテクニックもありますが、これはあまりお勧めできません。

 

 

ミシンで作ったいろいろな作品

 

作品第1号と2号                     平成30年9月2日(日)

f:id:nantyatteojisan:20180903174939j:plain

左の作品が、8月に4時間かけて作った第1号(巾着)です。一応、模様縫いとイニシャルにもチャレンジしてあります。型紙はありましたが、なにしろ見るのも初めて、専門用語をパソコンで解読することからのスタートでした。右の作品が第2号(血圧計のカバー)です。型紙を実寸で作り感覚で縫い上げました。左右の高さと幅が異なるため、かなり苦労しました。

 

f:id:nantyatteojisan:20180903180914j:plain

30年ほど前に、購入したパソコンのネット接続を、1日かけてようやく完成させ喜んだものですが、ミシンの習得(まだまだ初歩)も同じ喜びがありました。これから、思いついたものを作ってみたいと思っています。(趣味がひとつ増えました。)

 

作品第3号                        平成30年9月9日(日)

f:id:nantyatteojisan:20180909161903j:plain

 囲碁盤のカバーです。外に出しておくため、使っていないとすぐ埃がついていました。

いつか作ろうと思っていましたが、あれから14年の歳月が過ぎ今日ようやく完成しました。今夜は、焼酎の水割りをジョガで燗をし、冴えた頭で詰碁でもやろうと思います。

 

f:id:nantyatteojisan:20180909161924j:plain

 今回の作品は少し慣れたこともあり、実寸をメモ用紙に書き、それよりも各1cm余裕を持ち、5片の布をカッターで裁断しました。鋏で切るより真っ直ぐに切り取りできたような気がします。

 

作品第4号                     平成30年9月24日(月)

f:id:nantyatteojisan:20180924161147j:plain

ネットで作り方が紹介されていたもので、スマホの充電装置入れということです。裏地もちゃんと付いています。ゴルフのティーなどを入れてもいいかもしれません。ファスナーってミシンで縫えるんですね。驚きです。大きさは葉書より少し小さめです。

ちなみに大きさを比較した絵葉書は、〔第13作〕男はつらいよ・寅次郎恋やつれ・マドンナは歌子役の吉永小百合さんです。(昭和49年8月封切)

 

 

 作品第5号                    平成30年9月25日(火)

f:id:nantyatteojisan:20180926084323j:plain

ペットボトルホルダーです。ネットを見て作りました。 600mℓのペットボトルも入りました。形から見てバナナ入れでもいいかも。

 

f:id:nantyatteojisan:20180926084358j:plain

少しゆがんでしまいましたが、まあこんなところでしょう。ファスナーは意外とうまく縫えました。保冷生地は家にあったものが使えました。底にはバイアスを使いましたが、厚みがあるのでミシンの押さえに入らず苦労しました。

  

 作品第6号(右側の作品)             平成30年12月18日(火)

f:id:nantyatteojisan:20181218192146j:plain

 作品第2号(左側)が少し小さめだったので、縦横各2cmずつ大きく作りました。  ブランクがあったので、何度もネットを見て作りました。前作よりは仕上がりがだいぶ良いと思います。大きさを比較した絵葉書は、〔第15作〕男はつらいよ・寅次郎相合い傘・マドンナはリリー役の浅丘ルリ子さんです。(昭和50年8月封切)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                  

シェラ・ネバダ山脈を少し見た

 

アルハンブラ宮殿付近から望むシェラ・ネバダ山脈    平成30年6月23日(土)

f:id:nantyatteojisan:20180724204929j:plain

 日本に2回旅行し、日本語ペラペラで日本の歴史にも詳しい、グラナダ生まれの現地ガイドさんから、ヘネラリーフェ庭園とアルハンブラ宮殿を案内してもらい、「あそこに見えるのがネバダ山脈」と教えてもらいました。ネバダ山脈の最高峰はムラセン山(3,478m)で、スペイン本土で最も標高の高い山です。「Sierra Nevada」とはスペイン語で「雪のかかった山脈」という意味だそうです。

 今回の旅は、マドリードから入り、トレド、ラマンチャコルドバ、ミハス、グラナダバレンシアバルセロナを巡る旅でしたが、フランスとの国境にあるピレネー山脈コルドバ北部にあるシェラ・モレナ山脈は見ることができませんでした。

 

 

グラナダ市街から見上げるシェラ・ネバダ山脈       平成30年6月23日(土)

f:id:nantyatteojisan:20180724170010j:plain

 

 

グラナダ郊外のバス道から望むシェラ・ネバダ山脈     平成30年6月23日(土)

f:id:nantyatteojisan:20180724170317j:plain

右側に点々と見えるのがオリーブ畑です。マドリードからバスで高速道路を走って来ましたが、地平線まで延々と続くオリーブ畑は圧巻でした。ちなみにスペインは世界第1位のオリーブ産地とのことです。

 グラナダ(Granada)は、スペイン語で「ざくろ」の果実の意味だということです。

 

f:id:nantyatteojisan:20190721174808j:plain

 

 

 ヘネラリーフェ庭園入口のざくろの木        平成30年6月23日(土)

f:id:nantyatteojisan:20180725182924j:plain

 

 

 アルハンブラ宮殿に咲く夾竹桃と猫         平成30年6月23日(土)

f:id:nantyatteojisan:20180725185038j:plain

猫はアルハンブラ宮殿への入場を許可されています。(犬は不許可) 

 f:id:nantyatteojisan:20180725185339j:plain

 高速道路沿いに赤い花が所どころに植えてあり、何の花だろうと思っていました。よく見ると日本の夾竹桃に似ていたので、ガイドさんに聞いたところ「夾竹桃」と日本語で説明してもらい、大いに納得した次第です。排気ガスに強いので高速道路沿いなどによく植えられているということです。夾竹桃は毒性が強く、スペインではバーベキューの串に、日本では箸に利用したりし、大昔から相当数の人が命を落としているそうです。

世界最強の紙飛行機「つばめ飛行機?」(折り方付き)

 

この紙飛行機をなんて呼んでいたのか忘れましたが、長方形の紙から簡単に作れ、重心が合い風に乗ると、まるでステルス戦闘機のように飛びます。飛ばし方は、表側の先端を人差し指(上から)と中指(裏側下から)ではさみ、裏側を親指で支え、野球の直球を投げる要領で手首のスナップをきかせ空中に投げます。2階の窓や公園の滑り台の上から飛ばせば、今期最高でしょう。

 

 1号機の表側                  平成29年11月11日(土)

f:id:nantyatteojisan:20171111190554j:plain

 1号機の裏側                     ↑ 先端

f:id:nantyatteojisan:20171111190644j:plain

 2号機の表側

f:id:nantyatteojisan:20171111190717j:plain

 2号機の裏側

 

f:id:nantyatteojisan:20171111190745j:plain

 

折り方を順番に示しました。              平成30年1月2日(火)

f:id:nantyatteojisan:20180102174128j:plain

 ②から③にするのが少し難しい。一度折った所を開き折りなおします。

f:id:nantyatteojisan:20180102174200j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20180102214351j:plain

 ⑨  上部黄色部分の赤線のところをハサミで切る。⑩  ピンクの袋状になったところに黄色部分をそれぞれ差し込む。⑪  半分に折る。⑫  赤線の部分をハサミで切る。⑬  開いてしごきしわを伸ばし、しなやかさを持たせれば完成です。⑬ のピンクの部分を持ち さあ飛ばしてみよう! この紙飛行機の名前は「ツバメ飛行機」でした。今(平成31年1月9日)思い出しました。子供のころ、いろいろな紙飛行機を作り近くの標高200m程の山に登り、山頂から皆んなで飛ばしたものです。気流に乗り空高く上がり一番良く飛んだのは、平凡な平たい紙飛行機でした。今度その写真を載せます。 

南総里見八犬伝の舞台「富山:とみさん」

富   山( 北峰 349 m・南峰 342 m )           平成29年11月3日(金)

 

以前鋸山に登ったとき、山頂から見えた双耳峰が「富山」と思われることが分かった(まだ定かではない。)のは何年も経過してからでした。

富山には、今年の10月に登る計画があったのですが諸般の事情で中止となったため、いつ登ろうかと現在思案中のところです。

地元の方の話によると、紅葉(あまり綺麗ではないらしい。)を眺めるなら12月に入ってから、水仙を見るなら1月ということらしい。

今回は、富山に登る計画をせっかく作ったので、ひとまずブログに記録しておき山行の際まで保管しておくこととします。 

 

鋸山( 330 m )からの眺め                平成25年6月8日(土)

f:id:nantyatteojisan:20141013133538j:plain

 

 f:id:nantyatteojisan:20171108173029j:plain

  

  読売新聞 2017年(平成29年)10月22日(日)

f:id:nantyatteojisan:20171103153717j:plain

 

NHKホームページから抜粋

 新八犬伝(1)ストーリー編

 連続人形劇『新八犬伝』は、「仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌」の珠(たま)を持つ八犬士が、怨霊や妖怪相手に戦いを繰り広げる奇想天外な物語。江戸時代の代表的な読み本作家・曲亭馬琴の『南総里見八犬伝』をもとに作られ、1973(昭和48)年4月から2年間、全464話が放送された。

個性豊かな八犬士たちとともに、「われこそは、玉梓(たまずさ)が怨霊(おんりょう)…!」とおどろおどろしく登場する悪役・玉梓の迫力も人気だった。
  f:id:nantyatteojisan:20171110205524p:plain


  新八犬伝(2)舞台裏編
 
1973(昭和48)年から2年間放送された連続人形劇『新八犬伝』は、語り・坂本九による七五調の名調子と、人形師・辻村ジュサブローによる文楽風の精巧な人形と道具立ても評判を呼んだ。
 f:id:nantyatteojisan:20171110205912p:plain

富山登山計画

JR津田沼 6:55 発 → JR千葉 7:13 着 千葉駅で駅弁購入        JR千    葉 7:45 発( 内房線館山行き普通電車 )→ JR岩井 着 9:22     JR岩井駅→福満寺登山口→富山南峰→富山北峰→籠穴入口→伏姫籠穴→籠穴入口  →富山中学校前→JR岩井駅着 14:30予定                  JR岩井14:52発(千葉行き)→JR千葉16:40着  又は         JR岩井15:16発(新宿さざなみ4号)→JR千葉16:27着  ~以上。 

  

f:id:nantyatteojisan:20171122121458j:plain

 

  

f:id:nantyatteojisan:20180920182643j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                      

スイス高山の花々

 

スイス高山の花々                    平成29年7月11日(火)

 

ゴルナーグラート登山鉄道のローテンボーデン駅( Rotenboden 2,815 m )からリッフェルベルク駅( Riffelberg 2,582 m )までのハイキング道に咲いていた花々です。

アルペン・クレー( Alpen - Klee )  シャジクソウ  属

f:id:nantyatteojisan:20170729183702j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729181914j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729181958j:plain

 

ショイフツエル・グロッケンブルーメ( Scheuchzers Glockenblume ) ホタルブクロ 属

f:id:nantyatteojisan:20170729182119j:plain

 

 ドッターブルーメ( Dotterblume ) リュウキンカ

f:id:nantyatteojisan:20170729183228j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729183614j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729183638j:plain

 

 アルペン・マルゲリッテ( Alpen - Margerite ) 

f:id:nantyatteojisan:20170729183751j:plain

 

 アルペン・ヴンドクレー( Alpen・Wundklee ) アンティリス  属

f:id:nantyatteojisan:20170729183825j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729183904j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729184255j:plain

 

ツェルマット( Zermatt 1,620 m )の商店の店先に出されていたエーデルワイス

Edelweiss : スイスの国花で「アルプスの星」と呼ばれる。

f:id:nantyatteojisan:20170729182037j:plain

 

 

ツェルマットのシャレー(山小屋風ホテル)によく飾られているゼラニウム

f:id:nantyatteojisan:20170729184023j:plain

 

 

 

 

 

シャモニーからモンブラン へ

 

エギーユ・デュ・ミディ展望台              平成29年7月10日(月)

f:id:nantyatteojisan:20170729170901j:plain

シャモニー(Chamonix 1,030 m )からロープウエイを乗り継ぎ、Aiguille du Midi 展望台( 3,842 m )まで上りました。残念ながら雲に覆われ視界ゼロの状況でした。

晴れていれば、ヨーロッパ最高峰のモンブラン(Mont-Blanc 4,810 m)やグランド・ジョラス( Grandes Jorasses 4,208 m )が見える筈でした。折角なので、山の案内板を撮影し戻りました。

 

 中央の白い頂がモンブラン

f:id:nantyatteojisan:20170729170945j:plain

 

 中央ギザギザの峰の左端がグランドジョラス。

f:id:nantyatteojisan:20170729171030j:plain

案内板の前方は真っ白で何も見えませんでした。

モンテローザと氷河

 

モンテローザ(左)とリスカム(右)           平成29年7月11日(火)

f:id:nantyatteojisan:20170727192431j:plain

 スイス最高峰のモンテローザ( Monte Rosa 4,634 m )とリスカム(Liskamm 4,527m)の間を流れているのがグレンツェ氷河(Grebz gletscer)。

 

f:id:nantyatteojisan:20170727213638j:plain

左からモンテローザリスカム、カストール( Castor  4,228 m )、ポリュックス( Pollux 4,092 m )、ブライトホルン( Breithorn 4,164 m )、マッターホルン・グレッシャー・パラダイス( Matterhorn Glacier Paredise 3,883 m )と、少し離れた独立峰のマッターホルンを望む。

 

マッターホルン・グレッシャー・パラダイスに上るロープウエイ。

f:id:nantyatteojisan:20170729143203j:plain

左の山はブライトホルン。

 

マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、ヨーロッパで一番高い展望台でブライトホルンの肩部分に作られている。

f:id:nantyatteojisan:20170729143236j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729151222j:plain

キリスト像の背後にアルプスの山々と氷河が広がる。

 

ブライトホルン。

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729143323j:plain

 

残念ながら、マッターホルンは雲に覆われ、一番間近に全体像を見ることはできませんでした。

f:id:nantyatteojisan:20170729180215j:plain

 

 

 

 

朝焼けのマッターホルン

  

月に映えるマッターホルン( Matterhorn 4,478 m )                   平成29年7月11日(火)

f:id:nantyatteojisan:20170727175938j:plain

朝日が照らすほんの少し前。ツェルマット( Zermatt  1,620 m )から望む。

 

朝焼けのマッターホルン

f:id:nantyatteojisan:20170727173514j:plain

 

f:id:nantyatteojisan:20170727174802j:plain

ほぼ全体が朝日に照らし出されました。

 

f:id:nantyatteojisan:20190714124853j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170727180859j:plain

ゴルナーグラート登山鉄道電車車窓から望む。

 

f:id:nantyatteojisan:20170727184001j:plain

ゴルナーグラート展望台( Gornergrat 3,089 m )から望む。

 

f:id:nantyatteojisan:20170727184044j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20190714134309j:plain

 

 

 

f:id:nantyatteojisan:20190714134447j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20190714134412j:plain

 

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729152513j:plain

 

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170727190357j:plain

 

 

 f:id:nantyatteojisan:20170727213638j:plain

  左から、スイス最高峰のモンテローザ(Monte Rosa 4,634 m)、リスカム( Liskamm  4,527 m)、カストール( Castor 4,228 m)、ポリュックス( Pollux 4,092 m)、ブライトホルン( Breithorn 4,164 m)、マッターホルン・グレッシャー・パラダイス( MAtterhorn Glacier Paradise 3,883 m)、少し離れた独立峰のマッターホルン(4,478 m)を望む。

 

モンテローザ(左)とリスカム(右)。間にあるのがグレンツェ氷河。

f:id:nantyatteojisan:20170727192431j:plain

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170729151742j:plain

ゴルナーグラート展望台から山羊(左下)を見つける。

ハイキング中ところどころに落ちていたのは、この山羊のものだったのか。(ウ~ン)

 

f:id:nantyatteojisan:20190714140148j:plain

 

 

 

f:id:nantyatteojisan:20190714140535j:plain

 

 

 

f:id:nantyatteojisan:20170727180932j:plain

 リッフェル湖 ( Riffelsee ) (違うかも?)越しに望むマッターホルン